コース

オーナー:スパイダー根本 (根本 重光)

スパイダー根本 (根本 重光)

私がプロボクサー現役時代の54戦から得た一番の財産は「何事にも健全で強い精神が基本である」ということです。スポーツの世界でよく言われる「心・技・体」。バランスよく向上するために健全な心の強化が不可欠と考えます。

当ジムのでは専属トレーナーの他に、元世界ランカーなど外部指導者様も積極的にお手伝い頂いており、様々な角度から、メンタル、テクニック、フィジカルをバランスよく鍛え、ボクシングを通して総合的に強い人間力を育むことを最大の目的として、根気良く、楽しく、時には厳しく指導致します。

→スパイダー根本 Wikipedia

ボクシングジム指導風景

PROFILE

名前根本 重光
リング名スパイダー根本
生年月日1950年11月17日
ボクシング戦績54戦43勝(11KO)
昭和46年3月プロボクシングデビュー
昭和46年12月東日本新人王獲得
昭和47年1月全日本新人王獲得
昭和48年3月世界フェザー級6位ランク
昭和48年9月世界フェザー級チャンピオン挑戦敗退
昭和52年9月歴代24代目 日本フェザー級チャンピオン獲得
昭和55年1月世界フェザー級チャンピオン挑戦敗退
昭和56年11月歴代日本フェザー級タイトル連続防衛記録達成(13回)
昭和57年1月日本タイトル防衛失敗
昭和57年5月歴代26代目 日本フェザー級タイトル獲得
昭和57年9月日本フェザー級タイトル防衛後引退

職歴

昭和58年1月草加市教育委員会体育課主査として就職
昭和61年4月草加市教育委員会体育課主幹(兼)係長
平成2年4月草加市立柿の木公民館 館長
平成3年4月埼玉県立草加東高等学校PTA会長 拝命
平成21年4月草加市役所退職
平成22年4月スパイダー根本ボクシングジム設立 現在に至る(埼玉県川口市)

表彰歴

  • 年間優秀努力賞 1977年・1981年の2度
  • ピストン堀口賞
  • チャンピオンカーニバル最高試合

スパイダー根本の世界タイトルマッチ

フジテレビ提供

専属トレーナーと外部協力者

元日本チャンピオン、元プロボクサー、世界ランカーを中心に、5名の専属トレーナーが指導しています。

外部の指導者様にも随時ご協力頂き、質の高い練習メニューをベースに的確な指導の中から、技術や体力だけではなく、メンタルも含め、ボクシングの基本から徹底的にコーチングします。

クラブオーナー根本 重光(スパイダー根本)
(プロボクシングチャンピオン、元草加市教育委員会職員)
マネージャー齋籐 浩司(元タイ国プロボクサー)
トレーナー高築 正子(元女子プロボクサー)
佐藤 享也(看護師)
冨山 克俊(ドクター)
特別顧問今井 宏(元衆議院議員・元草加市長)
ボクシングジム指導風景